日本の音楽の歴史

日本のクラシック音楽

日本で生まれた民族音楽は、古くから中国の音楽に影響を受けており、1000年以上前に中国から伝わったスタイルもあります。日本の著名な楽器の多くは、中国で生まれ、国内の需要に合わせて改良されたものです。

日本の伝統音楽

日本の伝統音楽は、一般的には日本古来の伝統的な音楽のことを指します。日本の伝統音楽といえば、古くは「声明」や「雅楽」などが挙げられます。

声明は、仏教の儀式の際に僧侶たちが演奏する音楽で、厳密には「声」と「知識」を意味します。

雅楽は、日本最古の音楽作品であり、器楽である「伎楽」とボーカルミュージックである「声楽」の2つのスタイルの踊りや歌で構成されています。

音楽は、さまざまな演劇のジャンルで重要な役割を果たしています。代表的なものとしては、「歌舞伎」と「能」があります。歌舞伎は、豪華な化粧と高度に様式化された踊りと歌(主に男性キャストによって演じられる)で知られています。

能は14世紀から上演されている伝統的な音楽劇です。能は多くの場合、古代の文学的な物語に基づいており、超自然的な存在が人間の姿になったヒーローが物語を語るというもので、一般的には仮面をつけて演じられます。

能は「和製オペラ」とも呼ばれ、「謡曲」であるにもかかわらず、歌われるのは小さな音域に限られています。音と音の間には、多くの空白(間)が存在しており、実はこのマイナスの空白が曲の核となるとも言われています。

日本の器楽

日本の伝統音楽は、武道や茶道、書道などのアートと同様に、瞑想的な部分を持ち、非常に儀式的な形で演奏されます。打楽器、管楽器、弦楽器を通して、しばしば自然の音や生活の音が表現されるのです。

日本の伝統音楽では、ペースがまばらで、規則的な和音がないことが魅力的な特徴となっています。すべてのリズムは「間」を中心にしており、曲の中では、静寂が重要な役割を果たしているのです。

歴代アーティスト

日本の伝統音楽を演奏する多くの人気演奏家は、CDを制作したり、国際的に活動したりして、自分たちの音楽をより多くの人に紹介しています。どのアーティストを聴こうか迷っている方は、以下の人気演奏家3名をおすすめします。

吉田兄弟

初期のアルバムは10万枚以上の売り上げを記録し、その後、全米ツアーやロサンゼルスでのアルバム制作などを精力的に行い、世界的にも注目を集めています。彼らの曲は、任天堂Wiiのテレビ広告にも採用されました。彼らが奏でる三味線の音は、伝統的な音楽からジャズ、実験音楽、ロックンロール、ポップスへとそのスタイルを押し広げています。

ネーネーズ

沖縄の女性4人で構成されるネネス(沖縄語で「姉妹」の意)は、伝統的な沖縄民謡を伝統的な衣装と楽器で演奏し、音楽史を代表するグループとなっています。1990年代半ばには、坂本龍一プロデュースで、レコーディングやヨーロッパツアーを行ったことから、彼女たちの音楽は多くの人の知るところとなりました。

鼓童

鼓童は、第二次世界大戦後の和太鼓復興の中心となった精鋭の和太鼓集団で、日本とアメリカを定期的に巡回しています。また、三味線などの伝統的な和楽器の演奏や、伝統的なダンスやヴォーカルのパフォーマンスも行っています。