ENGL『Marty Friedman“INFERNO”Signature 100』特設ページ
ENGL『Marty Friedman“INFERNO”Signature 100』特設ページ
title1

“The ENGL Marty Friedman "INFERNO" Signature Amp!! 2 years in the making, is finally done!!

Marty Friedman シグネイチャーアンプ “INFERNO” が2年の時を経てついに完成!!

The sound that I got on the "Inferno" album was done with a combination of the ENGL Special Edition, Powerball, Steve Morse sig and the Invader amps.

このアンプの音はアルバム“Inferno”のレコーディングで使用したENGLアンプ“Special Edition”、“Powerball”、 “Steve Morse sig”、“Invader” のコンビネーションになってるよ。

The Engl engineers analyzed what I was and wasn`t using from each of these amps to get those monster tones and created a "Frankenstein" out of those amps customized to the types of tones I like to use.

ENGLのエンジニア達は、僕がレコーディングの時にモンスター・トーンを得る為にどのアンプをどう使っているのかを調べて、それを繋ぎ合わせた“フランケンシュタイン”みたいな僕好みのカスタムアンプを作りだしたんだ。

The INFERNO will make its debut at NAMM in January, and I`ll be there to officially announce it. Hope to see you there!“

このアンプ“INFERNO”は1月のNAMMショーでデビューするよ!僕もその場にいるから会おう!

Marty Friedman

Namm show 2017 Winterの会場から
Marty Friedman氏のメッセージが届きました!

ENGL Amplification

Marty Friedman “INFERNO” Signature 100

ENGL Marty Friedman“INFERNO”Signature 100

Specification

100 watts, tube head

4 x EL34 poweramp tubes & 4 x ECC 83 preamp tubes

Preamp

2 Channels, Clean, Lead, Gain boost switch for both channels,Bright switch for the clean channel, Tone switch for the lead channel, separated Gain and Volume controls for each Channel, two 3-band EQs, Noise Gate with threshold adjust for the lead channel with gain boost on, FX loop (serial to parallel adjustable) switchable via foot switch

Master Section

100 Watts (4x EL34 tubes), second Master Volume available via foot switch and controllable at the rear panel

Outputs

Speaker Outs (1×4, 1×8, 1×16, 2×8, 2×16)

Compatible foot switches

Z-3, Z-4, Z-9 S.A.C.

Dimensions & Weight

71 x 27 x 29cm, 21kg

Profile
Marty Friedman
Marty Friedman
マーティー・フリードマン

■出身:アメリカ ワシントンD.C.
■趣味:日本語の勉強、旅行、ファッション
■好きな食べ物:チョコレート、激辛なもの

CACOPHONY(カコフォニー)等のバンド活動を経て、1990年にMEGADETH(メガデス)に加入。後に全世界で1300万枚以上のアルバムセールスを誇るメガバンドへと導き、世界中に熱狂的なファンを持つギタリストとなる。
後にMEGADETHのツアーで来日を重ねるうちに日本通となり独学で日本語の勉強を始め、アリゾナ州立大学の日本語弁論大会で2位になるまで上達する。

MEGADETH脱退後、2004年に活動の拠点をアメリカから日本・東京へと移す。
2005年からテレビ東京で放送された伝説のロックバラエティー番組「ヘビメタさん」にメインのレギュラー出演者として登場し、日本国内のヘビーメタルファンだけではなくYouTubeを通じて世界のヘビーメタルファンを驚かせた。
続編レギュラー番組「ROCK FUJIYAMA」は世界各国で話題の番組となる。
その後、NHKや民放各局のテレビ番組への多数出演、同時期に雑誌と新聞にも連載を持ち、初の執筆書籍「い~じゃん! J-POP だから僕は日本にやって来た」を出版し、ベストセラーとなる。
2008年に映画「グーグーだって猫である」、「デトロイト・メタル・シティ」にも出演するなどマーティ・フリードマンの存在と才能を一般に浸透させた。

現在、ギタリスト・作曲家・プロデューサーだけに留まらず、テレビ・ラジオ・CM・映画など様々な角度でマルチアーティストとして活動している。